悪魔研究科のまめこの日記

英雄クロニクルであったことこを綴るブログです。 アカウントは悪魔研究科(1z9c)です。 悪役、おじ様、かっこいい姉さん、獣人が大好きな腐った人。 本が好きなので、くだらないSSも書いたりします。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲PageTop

9期

英雄クロニクル

九期が始まって二週間が経ちましたね。
今期は久しぶりの期始めからのスタートで、気合いは充分ですが

前期まで仲良くして頂いた方だけでなく、今期は早くもたくさんの出会いがあり、おかげさまでとっても楽しいです!


まだ他国にはご挨拶が行けておらず、どうしたものかと悩んでいます・・・。
絡みだすとお調子者で迷惑をかけることも多々ある癖に、意外と人見知りなんですよね。


ずっと気になっていても、他国の掲示板となると足が震えておもくな・・・る・・。
きっかけがほしい!!

週末戦やギルド戦でお相手にならないかなぁ。



と、オークションで団長が落とせていない気がして、はらはらしてるまめこなのでした。
スポンサーサイト

▲PageTop

子供ジャック

英雄クロニクル


前期、魔宴様の部隊が子供化しているのを見て、密かに思っていたことがある。
それは「子供の頃に戻った話をやってみたいなぁ」ということ。


何期の頃か忘れちゃったけど、トライアド黒組織さんとリベラルさま&ジャックと、ボンディの子供の頃の話で盛り上がったのを思い出します。

それで、なんとなく描いてみた子供ジャック(推定13歳)。

子供ジャックのラフ


この頃にはもう悪魔研究に没頭してクマが出来てます。笑
リベラルさまはきっと学校でも人気者で遊び上手のモテモテ男子。
ジャックはガリ勉、マセガキでしかも冷たいので、モテないどころか友達も少ない。

たぶんそんなところだと思う。


上の顔は、バレンタインでチョコを見せびらかすリベラルさまに送る冷たい目線。笑


▲PageTop

ジャックの設定

設定置き場

ジャック思案

ジャック・バウマイスター

刻碑暦964年
ヴァルトリエ帝国の音楽家貴族の名家として知られるバウマイスター家の長男として誕生。

刻碑暦968年
バウマイスター家待望の長男として周囲の期待を一身に受け、音楽の英才教育を施されるも、ジャックが四歳になった頃には彼に音楽の才能がない事が分かり、その期待は一転して失望と嫌悪感に変わる。

音楽の才能がないかわりに、この頃からすでに頭脳明晰で洞察力に優れていたジャックは、周囲が自分の事を「名家の汚点」として煙たがっていることを感じはじめていた。

その為何とかバウマイスター家での居場所を見つけたいジャックが目をつけたものこそ父が独自に行っていた「悪魔研究」だった。
頭の良いジャックは父に褒められる事が嬉しく、自然と悪魔研究の勉強に没頭するようになっていく。



刻碑暦971年
バウマイスター家に長女が生まれる。
ジャックの妹にあたる彼女の名はヴェロニカ。

ヴェロニカ


両親、親戚をはじめ誰からも愛されたこともなく、ただ「バウマイスター家」という重荷だけを背負って生きてきたジャックにとって妹ヴェロニカは、バウマイスター家というしがらみの無い唯一の場所であり、はじめて「愛しい」という感情を感じる最愛の妹となっていく。


刻碑暦976年
兄ジャックとは違い、天性の歌声と類稀な楽器センスを持って生まれたヴェロニカは5歳になった頃にはすでにヴァイオリン、ピアノなどその才能の片鱗を見せ始めていた。


ジャックは自分の代わりにバウマイスター家の期待をその小さな背中に背負う事になるであろう妹の身の上を心配しながらも、彼女の才能を誰よりも誇りに思う一番の理解者であり、またファンであった。


そして、ヴェロニカの方もいつも自分のことを心配してくれ、またなんでも知っている博識な兄ジャックを心から慕っていた。
2人はいつも時間の許す限り庭にある林檎のなる大きな木の下で、片方が色んな世界の不思議を語り、片方が歌を歌って過ごしていた。



しかし、そんな二人を待ち受けていたのは音楽家として約束された栄光でも、世界の謎を解く大冒険でもなかった。
待ち受けていたのは、絶望と苦痛、そして苦悩の日々であった。







編集中・・・・

▲PageTop

久々の日記

英雄クロニクル

AUCに復帰してはや3週間が経とうとしている。
プレイして感じたことは、PLの皆さんの温かさ*

復帰して何人かの人達が「おかえりなさい」って声をかけてくれて、ほんとうにほっこりしました(>u<*
4期中盤から初めてこんなふうに覚えてくれる方々がいてくれるのはすっごく嬉しいです。

私にとってのAUCの魅力ってゲーム性よりもこういう人達がいることなんだぁ、って最近はほっこりするばかりのまめこ。

威力修正強化も皆さんが手伝ってくれたおかげで予想以上に早く集まって、来期は上級装備からスタートできそうです(>u<*やっほーい


せっかく念願の上級装備スタートなので、メインキャラも心機一転しようと思います。(もちろんジャックは健在!)


モニカ(自作アイコン)<br />自由欄修正

【詳細】
モニカ・ブラント(25歳)
西ドイツ出身の軍人。
ドイツ陸軍第4機甲装団に所属し、索敵・諜報等をこなす優秀な兵士だった。
しかし、独ソ戦争でのバルバロッサ作戦の最中、突如表れた「黄金の門」に巻き込まれる。
普段は実直でクールな女性だが、バイクに乗ると性格が激変する。




刻碑歴997年
オーラムとの国境線で偶然モニカと遭遇したジャックは、実妹ヴェロニカに瓜二つのモニカの存在が、ヴェロニカの行方不明の謎と関連していると思い、彼女と暮らすことを決意するも、「あんたみたいな得体のしれないおっさんと住めるわけないでしょ!」と一蹴される。


激論の末、魔導バイクの整備師として雇ってもらうという形でなんとか話が落ち着く。








って感じかな?

▲PageTop

遅くなりました・・・

英雄クロニクル

本当に遅くなって申し訳ないのです・・・・
化け物とのワルツ様へのアイコン。


化け物とのワルツ様へ

▲PageTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。